7月7日 小泉氏講演会のご報告


7月7日に、小泉純一郎発起人代表が、東京国際フォーラムで日本公認会計士協会東京会主催で開催された講演会にて、約3200名の聴衆を前に講演を行いました。主なポイントは以下の通り。

 

経営者が賢明だったら、「原発は合理的ではないし、安全でもない。これから起こり得る事故を考えると、コストも安くない」と気づくはずです。

原発は安全だと言われていますが、導入されてからたった60年の間にスリーマイル島、チェルノブイリ、そして福島と3回も大きな事故を起こしている。とてもじゃないけど、安全とは言えません。

政治が決めて原発を始めたんだから、廃止をするにしても政治が決めなきゃできないんですよ。政治が決め、国民の叡智を集めて、体制をつくるべきなんです。

エネルギーの輸入が多くなったから赤字だ、と言われています。しかし、食料もほとんど輸入なのに、これを国家の損失なんて言った人がいるでしょうか。

日本はいままでいろんな困難を乗り越え、ピンチをチャンスに変えてきました。

幕末の開国、第二次世界大戦、変動相場制、石油ショックなど、何かを失った時でも、困難な事態を克服し続けてきました。

ウソだった、過ちだったとわかって、そのまま何もしなくていいのか。

人間も国も変われる。変わっていい。

 

講演の詳細は、こちら
小泉純一郎「原発ゼロ」独演会90分を全文掲載!
http://wgen.kodansha.ne.jp/archives/12158/