発起人・菅原文太メッセージ


メッセージ

 終わりの見えない福島原発の大事故が起き、神話的な信仰を持って原発の安全性が語られた時代が終わったことは誰の眼にも明らかです。しかし、50年間信じられてきた原発エネルギーからの転換は容易なことではありません。その困難さは都知事選の結果で良くわかったところです。

 大事故の後始末のために電気代値上げだけでは足りず、巨額の税金が投入されており、さらに廃炉に向けてはさらに税金が使われます。多くの人は、このまま恐々ながら原発を使い続ける方が安上がりだと誤解している人もいるかもしれません。しかしその認識は誤っているのではないでしょうか。どんな機械でも故障し修理が必要になります。原発の故障が健康生命の危機と紙一重であることは、原発立地に住んでおられる方々は日頃肌身に感じておられると思います。また発電設備の使用年限が来たら、廃炉と新設に再び巨額の金が要ります。巨大赤字を抱えた日本にそんな国力があると思いますか。人口減少時代の日本は、原発であろうが自然エネルギー利用であろうが、徐々に電力消費は減ってゆきます。それは電力会社の収入が減ることを意味し、経済面での国力は落ちるということです。だから現政権は、原発の輸出などと言い出したのでしょう。

 原子力エネルギーに代わる代替エネルギーを語る前に、私たちが先ず語らなければならないのは、便利さと豊かさを極限まで追い求めてきた高度経済成長時代の意識からの私たち自身の意識の転換です。暑いと言っては冷房、寒いと言っては暖房をつけ、どこもかしこも明るく電気がついている便利さ快適さから、少し辛抱する暮らしをするだけでも原発の必要性はぐんと減ります。LED電球が誰でも買える価格になり、公共施設はすべてLEDになるだけでも違います。代替エネルギーの開発は、そのような国民の意識の転換と軌道を一つにしてゆくことが大切です。脱原発社会へ向けての車の両輪です。

 私は都知事選に続き、細川さん小泉さんの提唱する脱原発社会という社会全体のパラダイムチェンジ運動を引き続き支持し、発起人を引き受けました。

 

菅原文太